先頭頁 > 水石用語集 > と

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

遠山形 とおやまがた

水石の形の一態。たんに山形ともいう。遠い山脈を眺めるような景情にとむ形で、水石の基本形といわれている。

土坡 どは

水石の形の一態。石の面が平らになっていて、平野のさまを連想させるもの。勿論、どちらか一方に山や丘があり、平野がひろがっているものが喜ばれている。

虎石 とらいし

粘板岩とチャートが縞状に重なって堆積し、接触変質をうけて出来たもので、おおむね、黒と黄褐色とが互層をなしている。虎の肌のように感じられるので、この名があるのだろう。瀬田川産のものがもっとも有名でだが、この他、各地から産する。なお、色合いや層の具合によって、「白虎」、「黒虎」、「乱れ虎」などもある。