先頭頁 > 水石用語集 > て

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

鉄丸石 てつがんせき

鉱物上は泥鉄鉱といわれるもので、灰褐色のさびた肌合いをし、多くは楕円形である。安倍川の支流、足久保産のものは有名だが、比較的、各地で産する。

天端 てんぱ

土坡石の場合の上の面を「天端」という。語源はよく分らないが、天にむかう面とでもいうことであろうか。もとより、「天端」はなるべく水平の方が美しい。

天地 てんち

水石の高さをはかるとき、「天地は何センチ」というようにつかう場合がある。これに対して、横の寸法は「左右」という。

添配 てんぱい

景をひきたてるために、水石に添えられる船とか家とか鳥居などの小道具のことで、添景物、或は添景小道具とも呼ばれている。