先頭頁 > 水石用語集 > た

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

太湖石 たいこせき

いわゆる唐石(とうせき)の代表的な石のひとつで、庭園の石としてつかわれた他、机上の愛石としても古くから文人墨客に愛好されてきた。産地は、江蘇、浙江2省にまたがる太湖で、水底より採石され、多くはタガネなどで加工されたらしい。石灰質のものと思われる。

滝石 たきいし

水石の形の一態。石面に白い条理が恰も滝のようにあらわれているものをいう。なお、滝が裏面にまで出ているものは、俗にフンドシ滝といわれ、好まれていない。

たこ足 たこあし

台座の足が、たこの足のように多くつきすぎている場合にこういう。勿論、できるだけ、少なく、すっきりしている方がよい。

立石 たちいし

左右にくらべて高さがいちじるしくある石のことで、平石(ひらいし)とか寝石(ねいし)に対して、こういわれている。勿論、立てて観賞される。

段石 だんいし

水石の形の一態。ひくいものは段丘をあらわし、たかいものは断崖の景を連想させる。

探石 たんせき

採石と同じようなことだが、探石というと、いくぶん広い意味につかわれているようである。つまり、採石は文字通り、山河で自採することだが、後者は、農家の庭でよい石を発見して入手したとかいう場合にも、よく使われる。