先頭頁 > 水石用語集 > す

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

水石 すいせき

山水景情石の略称からでたと思われる。主として、山水の景情を連想させる石のことで、心理的には茅舎や舟形も含まれる。要するに、山水美愛好の心にとけこむものを「水石」といっている。したがって、磨いて加工したものや、形状や石質上の珍らしさが主となっているものは、「水石」とは、いわない。前者は「美石」、後者は「珍石」と呼ばれ、ともに現代観賞石の三大分野を形成している。

巣立ち すだち

大根がすをふいたような状態が石面にあらわれているのをいう。いわば、針でついたような小穴が無数にある石肌で、輝緑凝灰岩系の青石の面にあらわれることが多い。

姿石 すがたいし

形象石のこと。その石が天然に何かの姿に似ているので、この名があるのだろう。人物、鳥獣、その他に似たものは、意外に多くある。ただ、水石として賞するものは、やはり、一種の雅趣と素朴さとがほしく、例えば怪獣に似たものなどは珍石奇石というべきであろう。

すわり すわり

石の底が自然に、水盤や地板にぴたりとおさまるものを、「すわり」のよい石という。昔は、この「すわり」が水石の条件のひとつにされていたようである。

砂 すな

水石を水盤に入れる場合、石の下にひく砂は、花崗岩の風化した茶褐色の川砂がよい。寒水砂のように白いものは、視覚上、どうも水石がおちつかない。また、あまり、黒すぎても印象がぼやけてしまう。

寸石 すんせき

小さな水石を「寸石」といっている。小品水石とか、小もの水石とか、呼ばれているのと、意味するところは同じである。