先頭頁 > 水石用語集 > さ

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

採石 さいせき

山や河川への探石行によって得た石をいっている。自採とか自採石とかいうようにつかわれている。なお、川石の場合は「揚石(ようせき)」という言葉も用いられている。

桜石 さくらいし

接触変質をうけた粘板岩中に菫青石をふくむもので、それが恰も桜の花弁のような形に見えることから、桜石と呼ばれている。渡良瀬川の上流や亀岡などに産する。なお、瀬田川の蟹真黒の小さなくぼみはホルンフェルス中の桜石のぬけでたあとだといわれている。

さざれ石 さざれいし

岩石学上では「石灰質角礫岩」と呼ばれるもので、岩石のかけらが石灰乳でかたまって出来たらしい。比較的、各地で産出するが、かって、岐阜県、揖斐川支流の粕川上流で発見された「さざれ石」が、国歌君が代に由来があるのではないかとの説が話題になったことがあった。

山水景石 さんすいけいせき

山や川などの景情をあらわす石のことで、もっとも水石らしい水石として根づよい愛好者をもっている。

三面の法 さんめんのほう

文人画の教典「芥子園画伝(かいしえんがでん)」からでた言葉。名石は、前後、左右、底の三面のつりあいのとれた調和がなくてはならない、という説である。

三要素 さんようそ

古くからいわれている名石の三つの要素。つまり、形と質と色とで、名石は形がよく質が硬く、そのうえ、落ちついた濃い色あいをそなえていなければならない、とされている。

さび さび

さびは、さぶ(動詞)の名詞化で、荒らぶ、古ぶの意味。水石の場合は、もちこみの古さによって、石肌に落ちつきと味わいとの生じてきたものをさしている。或る意味では名石としてのひとつの資格であるといえよう。

サバ花 さばばな

軟質部がうがたれておち、花弁にあたる部分、あるいは芯部だけが石面に露出しているものをいう。勿論、主として菊花石の場合にもちいられる言葉で、天然の「サバ花」はとくに珍重されている。