先頭頁 > 水石用語集 > の

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

ノジュール のじゅーる

岩石学名で、団塊のこと。堆積岩からなる地層の中に、周囲の岩石と成分の異なる物質が大小種々の丸い塊として存在するもので、有名な古谷石や鉄丸石、或いは亀甲石など、観賞上、すこぶる興趣にとむものが多い。

のぞき のぞき

洞門のような穴がうがたれ、景色が楽しめる石。

のび のび

遠山形の石などの場合、その裾のひき具合が程よい長さをもっているとき、「のびがよい」という。また、高さに対して、ひき具合の短いときは「のびがない」、長すぎるときは「まのびがしている」などと評する。