先頭頁 > 水石用語集 > も

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

文字石 もじいし

紋様石の一態で、天然に石の面に文字らしい紋理のあらわれたものをいう。主として石灰や石英の働きであろうが、なかにはなかなかの名筆も見られるから不思議だ。

持込み もちこみ

多年にわたる愛石によって、石肌に一種の「さび」をあらわし、気品と雅趣とを生じてきたものを「もちこみのよい石」といっている。科学的には石肌の風化作用といえよう。いずれにせよ、昨日今日、拾ってきた石の肌は、あれていて落ちつきがない。

紋様石 もんようせき

紋石ともいう。石面に花びら、雲、蝶、文字などを天然にあらわすもの。梅花石や菊花石もそのひとつである。