先頭頁 > 水石用語集 > き

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

菊花石 きくかせき

古生代の輝緑凝灰岩(シャールスタンインともいう)中に、菊花弁状に白色の方解石、あるいは淡紅色の苦灰石があらわれているもので、稀には玉髄やオパールの花弁もある。従来は、岐阜県根尾谷の特産であったが、最近では東京の奥多摩や高知の仁淀川上流などからも発見されるようになった。

奇石 きせき

形状の珍らしいもの、あるいは石質が稀にしか見られないものを、奇石とか珍石とかと呼んでいる。江戸時代から明治中頃まで、奇石愛好がさかんで、そののち、一時とだえたが、近来、主として鉱物趣味家のなかから多数のファンがあらわれてきた。

貴石 きせき

宝石として価値ある鉱物を含有するものをこう呼んでいる。具体的に何を入れるかは人によって多少異なるようだが、ダイヤモンド、エメラルド、サファイヤ、ルビー、キャッツアイ、オパール、ろうかんなどで、その価値判断の点から水石とは範疇を別にしている。

凝結度 ぎょうけつど

科学的用語ではないが、水石の質を批評するときにつかわれる言葉。その石を構成する各種の鉱物がかたくむすびあい、緻密で、比重が高いような状態をさす。水石の質としては望まれるところである。

亀甲石 きっこうせき

泥質の堆積岩中の団塊、いわゆる泥灰球といわれる泥灰岩が、生成後、干割れを生じ、そのひびの目にそって方解石が分泌してできたもので、見事な亀甲紋理を呈する。各地で産するが、北海道の占冠、関東の秩父などはとくに有名である。