先頭頁 > 水石用語集 > け

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

形象石 けいしょうせき

石の形が自然に鳥や魚や人などをわらわしているもの。姿石とも呼ばれているが、この場合は、風雅な趣のものがふさわしい。いずれにせよ、この種のものはその面白さが誰にも分りやすい。

珪化木 けいかぼく

化石となった樹木。珪酸や炭酸石灰などの鉱物が浸透し、もとの質がおきかえられてできる場合もあり、なかには、玉髄やメノウ化したものもでる。ただし、置きものなどにはむくが、水石として観賞するに適したものは少ないようである。

険山形 けんざんがた

山形のなかの一態で、なだらかに裾をひく遠山形に対して、そそり立つようなけわしい山形のものをこう呼んでいる。

硯屏 けんびょう

石を平らたく切断して、多くの場合は研磨し、恰も、屏風のように立てて観賞するものをいう。菊花石や、その他の紋石に、このように仕立てられたものがよくある。古くは中国宋代において、硯の向うに小さな石を置いて机上文事の慰めとしたらしく、「硯山(けんざん)」という名が残っている。

原石 げんせき

色彩石や美石の場合、土中から採掘したばかりで、まだ、研磨をしてない石のことをこう呼んでいる。また、古谷石では、茶褐色の風化土につつまれたものを「原石」と呼び、外皮を一応おとした状態のものを「荒石」と称している。