先頭頁 > 水石用語集 > へ

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

米点 べいてん

元来は、南画の画法上の用語だが、転じて水石観賞上につかわれるようになった。多数の米粒大の小穴をうがったような状態が石面にあらわれているものをいう。また、ごく稀には米粒状の点斑が多数にでている肌の部分をいうこともある。いずれにせよ、ともに石の肌の「さび」を喜ぶさいに使用する。

紅流し べにながし

石面に、一刷毛、紅を流したような淡紅の色彩の走っているもので、優雅な趣きをもっている。とくに京の加茂川産は名高い。