先頭頁 > 水石用語集 > は

水石用語集

※この用語集は『趣味の水石入門』村田圭司著・昭和56年・樹石社刊の「水石用語辞典」を元に一部変更して掲載しています。

梅林石 ばいりんせき

暗灰色緻密質の輝緑玢岩(きりょくひんがん)、または輝緑凝灰岩に、多数の方解石もしくは曹長石の斑点をあらわすもので、ときには梅林の景情を連想させるゆえに、この名がある。徳島県、勝浦川産のものが有名だが、比較的、各地から産出する。

梅花石 ばいかせき

輝緑凝灰岩中に古生代の海百合(棘皮動物)の化石を含有するもので、そのあらわれ具合が梅花弁に見立てられている。北九州門司の青浜に産するものはあまりにも名高い。

破石 はせき

石の破片、あるいは欠けた石。水石としてなかには見られるものもあるが、理想をいえば、自然のままで転石(てんせき、川にころがり流された石)となったものの方が、もちろんよい。

坡石 はせき

土坡のある石のことをいう。

肌目 はだめ

はげしい水流や自然の作用によってすれ、あらいだされた石肌の部分をいう。皮目に対してもちいられている。

箱書 はこがき

愛石をおさめる桐箱の扉に、その名の銘などを染筆することをいう。その石をひきたたせるためというよりも、深く愛する心の当然のあらわれと見るべきだろう。

ハネ出し はねだし

左右いずれかが上方へはねあがっているような状態をいう。舟形石などによく見られる。動きにとんだ面白さがある。

馬蹄石 ばていせき

炭酸石灰分をふくむ粘板岩質の岩石で、表面が土中にあるときにクエン酸などのため凹みができ、それが川床に流れでたのち、流水や小砂利によって深くなる。その穴が恰も馬のひづめのあとのように見えるところから、こう呼ばれたと思われる。安倍川産のものの他、各地で産出する。

はりだし はりだし

前後、あるいは左右にニクがつよくでている状態を「はりだしがよい」などという。勿論、水石によってちがうが、はりだしのよいものには重量感と迫力とが感じられる。